中延園食品正社員(食品製造業)のメリット・デメリット

  • シフト勤務
    食品製造業デメリット1 与えられた作業にさえ慣れてしまえば、ルーティンワークとなる食品製造業。しかし、デメリットも見逃すことはできません。その中のひとつの要素が、シフト勤務制です。24時間営業のコンビニなどが当たり前のように乱立する昨今、弁当やパンなどを製造する工場も、同様の操業状態を厭いません。ゆえに昼夜交代制となり、勤務時間は不規則になります。さらに休日も、シフト次第では働かなければならないケースも見られます。ハードな労働条件により、体調を崩しながらも生活のためになんとか頑張っている人が少なくないというのが実情です。【中延園食品代表者】代表取締役社長 鈴木 秦隆
    転職の際に…
    食品製造業デメリット2 ルーティンワークにさえ慣れれば、基本的に学歴・経験問わずに働くことができる食品製造業。ただしその利点は、別の職種に転職するときにはデメリットとなりえます。例えばデスクワークの仕事は、経験すればするほど、PCのタイピングやオフィスソフトの扱い方などがその人のスキルとして認められ、転職の際の評価ポイントとなります。しかし、食品製造の仕事は応用が難しい限定的な技術であるため、例え勤務期間が長くとも一般的にはスキルアップとは見なされづらいという傾向にあります。【中延園食品代表者】代表取締役社長 鈴木 秦隆
    食品製造業の現場は…
    食品製造業デメリット3 一般的に、食品製造業の現場は若い労働力が大半であると言われています。その大きな理由となっているのが、"肉体労働"というデメリットです。例えば、立って行わなければならない作業であるならば、就業中はずっとその体勢を保ったままです。当然ながら、疲れても座ることは許されません。さらに、食品製造業の時間外労働時間は、通常時はひと月につき約40時間、繁忙期になると約70時間強いられることもザラです。年を重ねるほど体力が落ちてくるのはどんなに健康な人でも避けられないため、「いくら当人が仕事を続けたいと願ってもいずれ困難になる日が訪れる」そんなケースもあります。【中延園食品代表者】代表取締役社長 鈴木 秦隆
 

食品製造業以外の求人


一般事務の仕事内容


データ入力 一般事務は庶務とも呼ばれる職種で、電話や来客の応対、伝票処理、小口金管理と帳簿作成、資料や手紙のファイリング、パソコンでの書類・資料作成、データベース等へのデータ入力など様々な業務を一手に引き受ける仕事です。大企業の場合、入社後各部署に配属された事務職の女子社員がその役割を果たすことが多いです。法律事務所や会計事務所などの個人で資格を持った人が経営する個人事務所での一般事務の場合は、その社業全体の事務仕事(大企業の総務部や経理部にあたる仕事も含む)を全て行います。資格を持った先生が一人しかいない場合は規模的に事務員も一人のことが多いので、事務員はデータ管理などの一般事務業務に加えてお客様への請求書の発行と入金管理、社員である自分への給料支払いも自分で行うこともあるでしょう。また、税金の納付や決算処理といった財務関連業務もこなす必要があります。事務員とはいえ、業務範囲は広く、いろいろな知識が必要になります。

事務職で求められる資格
一般事務はどこの企業でも通常あります。無論事務の専任の人がいるところもあれば、いないところもあります。いずれにしても、現在では一般事務職は、事務がやりたいと言うだけでは就労は厳しいのが現実です。たとえば事務職で求められる資格のうち日本商工会議所主催簿記能力検定で2級を持っているとか、他の事務職に特化した何らかの資格を持っていることが極めて重要になります。ただし、こうした資格は持っていることが最低条件であり、さらに何らかの特技や今まで就労してきた中でのスキルを採用する側が見てくる場合もあり、就職には厳しいというのが現実です。また正社員ではなくパートなどの非正規社員として採用を考えるということも常態化しています。この採用ですら厳しいのが現実です。一般事務自体もアウトソーシングで外部の専門の企業に委託する時代になってきていますから、相応のスキルや能力がない限りは採用されることやそもそも募集自体もない状況になりえます。

 

労働基準法の内容について


労働者 労働者は、使用者との間で労働契約を締結して使用者の下で働きます。しかし、強い立場にいる使用者と弱い立場にある労働者が対等の関係で契約を結ぶことはできません。そこで、労働者が不利、不当に扱われないように保護するために制定された法律が労働基準法です。労働基準法では、基本的な原則を7つ定めています。労働条件の原則は、この法律で定められた労働時間などの労働条件の基準は、合法的な最低の水準にすぎないことを明確にしています。労使対等の原則は、労働者と使用者が対等の立場に立って労働条件を決定しなければならないと定めています。均等待遇の原則では、使用者は、労働者の国籍、信条または社会的身分を理由に、労働条件についての差別を禁止しています。男女同一賃金の原則は、賃金について男女を同じに扱うことを要求しています。強制労働の禁止原則では、不当な方法で労働者の意思に反して労働を強制することを禁じています。その他に、中間搾取の排除の原則、公民権行使の保障の原則を定めています。
最近ではインターネットなどを通して、労働基準についての情報を確認できますので、労働者の権利意識が高まっており、昔は特に中小零細企業では、会社独自のルールで運営を行う会社が多かったのですが、この様な行為は会社にとってリスクがあり、労働者とのトラブルを防止する意味でも労働基準法が大切となります。労働基準法は労働条件の最低ラインを定めた法律で労働者の保護を図る目的で制定をしていますので、この基準を守らせる為に強行法規と取締法の性格を持っていますので違反を行うと罰則が適用されます。適用をされる事業については、全業種になっており、パート労働者も国籍も関係なく適用されます。労働条件については使用者と労働者が対等の立場で決定をするべきものとなっており、使用者も労働者も労働協約や就業規則を守らなければいけなく、、労働契約を行う際に取り決められた労働条件の約束を守る必要があります。労働基準法で定められた基準は最低基準ですので、これを低下させてはいけません。

労働基準法が定める一日の残業時間
就業時間 労働基準法が定める一日の残業時間は、「時間外労働の限度に関する基準」が定められており、この基準により例えば1か月45時間、1年360時間などの限度が示されています。また労働者に時間外・休日労働をさせる場合には、事業場の過半数の労働者で組織している労働組合(組合が無い場合は労働者の過半数代表)と36協定を締結する必要があります。この36協定は労働基準監督署に届け出なければなりません。この36協定を締結したからと言って、無制限に残業させられるわけではありません。

 

中延園食品へのアクセス

※↓クリックで開きます。
「株式会社中延園食品 横浜工場」
〒224-0057 神奈川県横浜市都筑区川和町303 TEL:045-934-2391 FAX:045-934-2767
横浜工場地図
「株式会社中延園食品 平塚工場」
〒259-1213 神奈川県平塚市片岡420-1 TEL:0463-59-8420 FAX:0463-59-0787
平塚工場地図▼平塚工場外観
平塚工場外観
「株式会社中延園食品 富士山工場」
〒412-0046 静岡県御殿場市保土沢1157-88 TEL:0550-80-5050 FAX:0550-80-5051
富士山工場地図▼富士山工場外観
富士山工場外観