敏感肌

肌トラブルを回避しろ!

敏感肌で悩んでいる方はたくさんいらっしゃいますね。

 

わたしは日々仕事の中で美容について語る機会が多いため、敏感肌への対策などもさせていただくことがありますが、肌トラブルというのは本当にみんなの悩みなんだと痛感しています。

 

もちろん全員を救ってあげたいけれども、さすがにわたし自身がそんなに万能なわけではございません。

 

ですが少しでもインターネットを通じて肌トラブルで悩む人のお役に立てれば、という思いで敏感肌対策のサイトを作ってみた次第です。

 

普段仕事でこんなトライ&エラーがあったということも交えて書いていけば、多少なりは当てはまる方もいらっしゃるはずだと思っています。

 

それを役立てていただければ、こんなにうれしいことはありません。

 

偉そうなことばかり書いていますが、ダメかもしれないけど、肌トラブルについて書いてあるし、ちょっと読んでみるか!くらいの気持ちでウチのサイトを見ていただければありがたいですね。

 

敏感肌や乾燥肌など肌トラブルを自宅で、自分で対応できることについて書いていくつもりですが、知っておいてほしい基礎的な美容のことについてもまとめていきます。

 

そちらも合わせてご覧になってみて下さい。

 

皆様のお役に立つということをお祈り申し上げます。

化粧品で悪化するもの

お肌が弱い人というのは化粧品選びをよく考えなくてはいけません。

 

にきびの中に、化粧品で悪化するものがあるのをご存知でしょうか。にきびはホルモンのバランスが原因でできるといえます。

 

実は化粧品がにきびを更に悪化させているケースがよくあります。化粧品の中でもファンデーションには注意が必要です。

 

ファンデーションの特徴は、毛穴を隠し、肌をよりきれいに見せることです。反対に考えれば、毛穴をファンデーションで詰まらせることにもなるといえます。

 

リキッドファンデーションは成分が強いので、肌にトラブルがあるときには使わないほうが無難です。

 

にきびがある場所には、できるだけファンデーション自体を乗せないようにし、刺激を与えないようにしましょう。

 

化粧品の鮮度も意外に知られていないことの一つです。古い化粧品は品質も劣化し肌に悪影響を与えることがありますので、化粧品には消費期限が書いていないものがほとんどですが、注意しましょう。

 

保存料などが入っていない分、無添加をセールスポイントにしている化粧品のデメリットは、雑菌が繁殖しやすいということです。

 

反対ににきびの原因になることもよくあるのは、保存料が入っているもので、肌の刺激となってしまうからです。

 

肌に化粧品が合っていないこともあるので、思い切って一度化粧をやめてみるのもひとつの方法だといえます。

 

にきびなどトラブルの原因に、いつの間にか体質や肌が変わっていて、昔からずっと使っている化粧品だからと大丈夫だと思っていてもなっているということもよくあることです。

スキンケア商品を選ぶポイント〜自分の肌を知る〜

スキンケア商品を選ぶポイントはいくつかあります。

 

皮膚の特徴は個人差があります。

 

自分の皮膚はどのような性質を持っているかを知っておくと、スキンケア商品選びが楽になります。

 

肌状態は食生活や生活習慣で常に変化します。

 

昔から乾燥肌だったと思っていると、実は脂性肌になっているということもあるようです。

 

スキンケア商品を切り替えたい時は、改めて肌の状態を見極めてください。

 

大別して3タイプが、肌の特徴として区分けされます。乾燥肌タイプは、肌がカサカサしています。

 

洗顔後にすぐ肌のつっぱりが気になる人や、冬以外でも肌のかさつきが気になるようであれば乾燥肌タイプに当てはまるでしょう。

 

2つ目は脂性肌タイプで、ニキビに悩んでいる人や毛穴の黒ずみに悩んでいる人はこのタイプに当てはまります。

 

乾燥肌と脂性肌の中間に位置するのが混合肌です。鼻の頭は混合肌で油脂の分泌が多く、ほっぺたは乾燥肌というタイプです。

 

スキンケア商品は肌タイプ別の商品が販売されている事も多いので、まずは自分の肌タイプを知った上で商品の選定をしてください。

 

案外と、自分の肌を自分で知らない人も多いようです。化粧品売り場では、客一人一人の肌の状態をチェックし、肌タイプを教えてもらえるところもあります。

 

薦められるままに商品を買ったりしなければ、費用は発生しません。

 

自分の肌は今どのような状況にあり、どんなケアを必要としているかを知ることによって、スキンケア商品の選択も適切になります。

スキンケアを頑張ろう

敏感肌や乾燥肌がよくなるための方法を書いていきますが、スキンケアを語る上ではどうしても美容について広く書いていく必要があります。

 

なので、そこらへんも書いていくつもりではございますが、記事にするというのは存外大変な作業です。

 

言い訳になってしまいますが、しっかりとした記事を書く前にちょっとしたミニ情報を載せるコーナーがあってもいいかなと思っています。

 

ということでここでは美容についてちょっとしたことを書いていこうと思います。

 

わざわざ記事にするほどではないけど、メモ的な感じでオススメ情報を書いていきます。

 

わたしの日記みたいになってしまうかもしれませんね。そのときはご容赦下さい。

 

こちらも随時チェックをお忘れなく!

 

http://xn--tckm8426awxzau3d.seesaa.net/